1個の商品

コレクション: オルトモア蒸留所

スペイサイドの東端にあるキースの町にあります

オルトモア蒸留所は、スペイサイドの東端にあるキースの町の数マイル北にあります。蒸溜所はアレクサンダー・エドワーズによって設立され、建設は 1895 年に開始されました。蒸溜所は当初非常にうまく機能し、最初の数年間で生産量は 2 倍になりました。しかし、パティソンのクラッシュはすぐそこにありました。エドワードはパティソンに大量のウィスキーを大量に供給していたので、墜落はエドワードに大きな打撃を与えた。

オルトモアでの生産は継続されましたが、困難な時期でした。パティソンの没落により、スペイサイド モルト ウイスキーが市場に過剰に出回り、アメリカでの禁酒法と 1920 年代の不況も打撃を与えました。最後に、エドワードは蒸留所をパースのジョン・デュワー・アンド・サンズ社に売却した。

多くのモルト ウイスキー地域と同様に、盛んな不法蒸留器コミュニティが存在していました。多数の火傷とフォギー・モスのピート泉が水を提供し、キースの取税人は喜んで顧客でした。密輸業者のすべてが男性というわけではなく、「スモールスティル」ウィスキーを販売する有名なオペレーターの 1 人は、ジェーン ミルンという女性でした。

展示されているのは、蒸留所の動力を 24 時間供給していた古い蒸気機関です。そうするために、70 年間の大部分の間、修理とサービス期間を除いて、継続的な毎日の運用が維持されました。エンジンが一時的に動かなくなったときはいつでも、ダムからのレードフローによって回転し、以前にすべての動力要求を供給していた水車が代わりました.

1971 年に蒸留所が再建され、元の蒸留器に 2 番目の蒸留器が追加されました。元の蒸留所には事実上何も残っていません。