4 製品

コレクション: オーヘントッシャン蒸留所

「畑の片隅」から繊細で滑らかなモルトウイスキーが生まれる


歴史

オーヘントッシャン蒸留所は、1823 年にオーヘントッシャンのダンバートンシャーの地所に設立され、スコットランドに現存する数少ないローランド モルト ウイスキー蒸留所の 1 つです。それ以来、独自の製造プロセスを受け継いできた 6 人の慎重な所有者がいます。

このローランド モルト蒸留所は、かつてスコットランドの世界への玄関口として知られていた有名なクライド川を見下ろすオールド キルパトリック ヒルズのふもとにあります。

ゲール語で「畑の片隅」を意味するオーヘントシャンは、繊細で滑らかで軽いシングル モルト ウイスキーを生み出しています。そのスピリットの微妙な香りと風味は、スコットランドの他の場所のようにスピリットを 2 回蒸留するのではなく、3 回蒸留するという独自のトリプル蒸留プロセスによって達成され、その特徴がさらに洗練されたものになります。

スコットランドの蒸留所としては珍しいことに、オーヘントッシャンは三重蒸留を行っています。一般に、スコッチ ウイスキー製造の最終段階では、発酵したマッシュを 2 つの銅製蒸留器で蒸留します。 Auchentoshan では、3 分の 1 の最終的なスピリットの強さは 81% アルコール度数 (162 プルーフ) です。この 3 回蒸留にノンピート モルトを加えることで、オーヘントッシャンは多くのスコッチ ウイスキーよりも繊細な風味を得ることができます。熟成は元バーボン樽と元シェリー樽で行われます。

この蒸留所は、1984 年にモリソン ボウモア ディスティラーズ リミテッドに買収されて以来、大幅に改装されましたが、独自の三重蒸留プロセスを含む伝統的な製造方法はすべて保持しています。