0 製品

商品が見つかりません
使用するフィルタを減らすか、すべて削除してください

コレクション: アードモア蒸留所

アバディーンシャーの丘の奥深くから

歴史

アードモアは、シングルモルトとして広く知られているわけではありません。刺激的なピートの風味を持つアードモアは、有名で卓越したブレンデッド スコッチ ウイスキー、ティーチャーズ ハイランド クリームの重要な要素であり、その生産のほとんどすべてが実際にブレンドに使用されています。幸運なことに、蒸留所の所有者であるアライド ディスティラーズ (Allied Distillers) の許可を得て、この特徴的なウイスキーの一部が瓶詰めされ、ゴードン & マクファイルによってシングル モルトとして販売されています。

アードモアは、ケネスモント村に近いアバディーンシャーの丘の奥深くにある蒸留所から生まれました。この地域のなだらかな丘陵は、肥沃な農地に覆われています。エレガントなナショナル トラスト リース ホールはケネスモント郊外にあり、インヴァネスからアバディーンへの主要鉄道線は蒸留所のそばを走っています。

1898 年にアードモアの建設を組織したのは、ウィリアム ティーチャーの息子であるアダムでした。これらの年は、ウイスキー業界にブームがあった時期でした。それから数年間、アードモアは繁栄を続け、現在では、総生産能力が約 300 万リットルに達する、より大きく、最も近代的なスコッチ ウイスキー蒸留所の 1 つとなっています。

アードモアは、蒸留所の南にあるノッカンディ ヒルにある 14 の泉から水を引いています。冷却水は近くの火傷から来ています。 1970 年代後半まで、大麦は蒸留所自体でモルト化されていましたが、近年は地元の商業モルトスターから供給されています。他の多くのハイランド モルトとは対照的に、ここで生産されるウイスキーのより豊かで刺激的なフレーバーは、大麦の比較的高いピート レベルによるものです。

アードモアが非常に伝統的な蒸留所であるという事実は、全体を通して明らかです - 慣習的な蒸留所の猫のポイントまで - この猫は 3 本足で、蒸留室で燃える石炭の熱によって体を温めます。しかし、蒸留所のいたるところに見られる過去の思い出は、長年そこで生産されてきた上質な麦芽の品質への継続的な取り組みを示唆しているという点で、おそらく重要です.